第2348話 「抜いたよ親知らず 抜けたよ親知らず」

抜いたよ親知らず

抜けたよ親知らず

下の親知らず2本目を抜きました。

勝手に涙出て、こめかみを親指で全力で押されるような痛みだった1回目の親知らずのトラウマがあり、手術する部屋へ震えながら入りました。

抜歯後に鎮痛剤すぐ飲める段取りもして(笑)

声を震わせながら医者と喋る自分

医者は「そんなに痛くないですよ、多分いちばん痛いのは麻酔の注射です」

うそだろ?以前あんなに抜いた時痛かったのに麻酔の注射が一番痛い?

自分は足を「くの字」にしてどこかつかめる場所を探した。

「何分くらいでおわります?」自分は声を震わせながら喋った。

「30分くらいです」

顔に名前わからんけど口のところだけ穴空いた布的なものかぶされ麻酔うたれたがそんなに痛くない。親知らずをなにかでカチャカチャしてる。

多分これから抜くんだな・・・覚悟を決め全身が力んだ

「抜けました」

え!?

もう抜けたの?

結果そんなに痛くなかったです

なんで前回あんなに痛かったんだろう

この前化膿したときの方が全然痛い

こんなことならもっと早く抜いときゃよかった