まず、田舎は車がないと生活が出来ない

免許証の返納でタクシー券支給

→財源の乏しい自治体では予算に限りがあるので不可

コミュニティーバス(叉は乗合タクシー)を走らせる

→慢性的な運転手不足の上に低賃金なので人が集まらない

自家用車の相乗り

→事故が発生したときの責任の所在の問題があり、

自治体から燃料費や維持費の補助がないと(実現するのは)難しい

■【脳を知る】自分は大丈夫と思っても…認知症と運転 免許返上でどんな支援が必要か考える

(産経新聞 - 07月30日 07:02)