RUINS ALONE at ダンスホール紅花 ライヴレポ

先日、彦根ダンスホール紅花で行われた「DRUM KREATIF + ?」というライヴイベントに

行ってきました。

お目当ては吉田達也さんのルインズ

以前、ベースの増田さんとのルインズとして紅花でやってくれたのを観たけど今回は

ドラムの吉田さんだけのルインズ

いわゆるルインズアローンですよ。

ドラムだけでどんな演奏になるのかとても楽しみ!

ということで紅花に集まったのは最近流行(!?)のプログレ女子多め。

Macのノートパソコンから効果音を出しながらルインズアローンのスタート。

のっけから吉田さんの手数の多いドラミングが炸裂。

足元のスイッチやらペダルやらを操作しながらも常にリズムが鳴り響いてる。

フロアタムのチューニングボルトを回しながらもリズムは響き渡ってる。

なんかよくわからないけど凄いサウンド。

そしてとにかくテクニカル。

複雑怪奇な楽曲を涼しい顔してドラミングする吉田さん。

かっこいい!

マイクに向かって独特な言語で歌う吉田さん。

狂ってる!

でもこれがルインズの世界観。

その狂った世界観を演出してくれたのが仙石彬人さんによる光の演出。

壁に映し出されるサイケデリックな色合いはまさにルインズの世界。

不思議な世界に引き込まれました。

言葉では言い表せられない世界なので当日スマホで撮った映像を見ていただきたい。

ちょっと長めの動画だけどこちらからどうぞ

後半にやってくれたクラシックメドレーなんか最高ですよ。

ドラムが歌っているように感じる。

ギターやキーボードのようなメロディー楽器はリズムが大事、そしてベースやドラムの

ようなリズム楽器はメロディーを奏でるように演奏するのが大事というのを昔聞いたような。

吉田さんのドラムはまさにメロディーを歌っている。

素晴らしい演奏を堪能させてもらいました。

そしてこの日は和田晋侍さんもドラムだけの演奏をやってくれました。

こちらも吉田さんに引けを取らない素晴らしいドラミング。

アヴァンギャルドでありながら時々ハードコア。

上半身裸になってドラミングする姿に狂気じみたものを感じました。

最後は吉田さんと和田さんによるドラムの共演。

ドラムだけによる2人の共演なんて初めて観た。

これが凄いのなんのって。

ドラム乱れ打ちでリズムの洪水。

おそらく即興で演奏されてるんだろうけど息ぴったり。

ドラムがこんなにも饒舌だなんて思いもしなかった。

バンドにおいてドラムは一番後ろでスポットの当たりにくい楽器だけど、こうやって

ドラムだけで観るととてもおもしろい楽器なんだなーと再認識。

吉田さんの奇才ぶりも再認識いたしました。

是巨人、リシャール・ピナス&吉田達也ルインズ、そして今回ルインズアローンと

観させてもらったけどそれぞれに吉田さんの魅力があってどれもこれも素晴らしい。

高円寺百景、The 磨崖仏、THE WORLD HERITAGEなんかも観てみたいな。

また彦根に来てください。

そしていつも吉田さんを呼んでくれたり楽しいイベントを開催してくれる

ダンスホール紅花の関係者に感謝です。