転塾時の注意点英語コラムLIVE報告

6月も間もなく終了。あと一月あまりで夏期講習会突入です。

アクティブ学び舎の夏期講習会は、中3生(クラス個別)、中2(クラス)、中1(クラス)のみです。それ以外は通常通りの授業となります。募集に関しては、中3〜中1のクラス(集団)授業のみ。

現在、空き席数がわずかとなっておりますので、参加をお考えの方は、なるべく早い目に連絡いただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

塾は、既に開塾時に想定していた最多生徒数を超えておりますが、席数等様な要素を総合的に判断しますと、あと10名ほどは受け入れ可能です。

アクティブ学び舎には、他塾から移ってこられた生徒達が非常に多いのですが、特に緩めの塾から来られた場合、学習姿勢が出来ていないことが多いですね。

スマホを触りながら勉強しようとする。ジュースを飲んだり、お菓子を食べようとする。音楽を聴きながら勉強しようとする。鼻歌を歌う。周りとしゃべりながら勉強しようとする。時間にルーズである。宿題など指定されたものをやってこない等など。アクティブ学び舎では、即注意指導が入ることばかり。(スマホは帰宅時以外は使えません)

転塾塾を変えるというのは、前の塾で成績が上がっていないからですね。そして、その成績が上がらない理由は、塾ではなく、自分自身にあることが多いものです。新しく通う塾では、前の自分の殻を破り捨て、新しい自分になる必要があります。それを疎かにし、前と同じような感覚で通い続けると、結局はまた低迷してしまいます。そしてまた塾を変える、という悪循環。

正しい学習姿勢を身につけることがまず必要で、学力というものはその土台の上に成り立っています。

当塾では、成績が上がらない生徒が共通に見せる行動については、随時指導を入れていきます。

アクティブ学び舎は、よく楽しいと言われますが、それは皆がルールを守って、やるべきことをきっちりやっているということを前提とした楽しさです。(おそらく、楽しいと感じる最大の要因は私のキャラかもしれませんが)

学び舎英語コラム4ネイティブがよく使う英語

今回は、ネイティブが日常的によく使うにもかかわらず、学校や受験英語ではあまり強調されない、もしくは、ほとんど出てこない表現を、思いつくままに挙げてみます。

kindof(ちょっと、まあ)

likeつなぎ言葉として

acutually

heyguys

tottaly

awesome

acouplepf

abunchof

youknowつなぎ言葉として

Iknow(だよね)

Idontknow(そうだな〜、どうかな〜)

Ohman

Man

Ohboy

Huh

besupposedto

shoud(はずの意味も多い)

could過去形では使わない

shoudhave過去分詞

havegotto(gotta)

go(come)動詞の原形

grab

stuffもの

まあ、主にこのあたりでしょうか。個についての詳しい内容や使われ方は、ネットなどで調べてみてください。本当によく使われていますよ。しかし、日本の英語教育ではそのように紹介されることはほとんどありません。大問題ですよね(笑)塾では、このような使える英語も教えています。

ライブ報告(単なる自己満足コーナー)

先日、大阪で行われたVeiledinScarletとのライブに参戦してきました。さすが、日本のクサメタルを代表する2バンドだけあって、文句無しのパフォーマンスでした。メンバーの方とも直接交流することも出来て、本当に素晴らしい一日となりました。やはりメタルは最強です!